2019年04月24日

着る人ジャンケン

現在の着物の基礎知識を解説したあと
きもの体験です!

先週の授業で着たい学生が数名いたので
ジャンケンで着る学生が決めましたよ。
IMG_6376.jpg
留学生のふたりは初めて着たので
「ずっと着てみたかったので嬉しい」って
自分の着姿が見えないから
私がトイレで見て来ていいよって言ったら
2人ともニコニコして戻って来ました!

クラスのみんなも拍手したり写真を撮ったりして
一気に和やかな雰囲気になりました!
やっぱり着物はテンションあがるね〜


posted by masaki at 18:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

着物で授業

大学の授業は
毎回ちがう着物を着て行きます。
そんな話をすると大変ですねって言われます。
j1.jpg
同じ着物を着ないように書いておきますが
前期なら季節が
袷から単衣、夏物に替わっていくので
15回(15着)ということになりますね。

ただ近頃の気温では
5月に袷は暑いので単衣になり
6月は麻を着始めますね。

学生から
毎回、先生の着物がちがうので楽しみ!
って言ってくれるので
『私の着物も教材の1つ』と
お手本になれるように努めてます
posted by masaki at 17:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

京の着だおれ

k20 (2).jpg
先日の授業で
「京の着だおれ」について話しました。

京都人の着るものへのこだわり、
着物にかける想いや気質を表わした言葉ですね。
自分を着飾ることだけでなく
季節や目的、相手によっても着るものを選び
上手に着ること、とでもいうのかな。

それと一緒に関西人を表現した
大阪の・・・
神戸の・・・
さて何ていうでしょう〜!と質問したら
大阪出身と神戸出身の学生が
自信なさげでしたが答えました。

でもこの言葉は死語なのかもしれないなって。
京都の着だおれに関しては
残念ながら昔のことかもしれませんね。
posted by masaki at 16:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

満月に響く歌声

北山街が主催する
松原凛子さんのコンサートが
北山の陶板名画の庭で開催されました。
IMG_6340.JPG
月夜が照らす光と
ミケランジェロの「最後の審判」の前で
透明感ある美しい歌声が響き渡りました♪
IMG_6341.jpg
今日は満月ですよ🌔
寒いのでコートを引っ張りだして。。
IMG_6345.jpg
posted by masaki at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

着物でテクテク

今日は母校の京都市立銅駝美術工芸高校に
授業の打ち合わせに行ってきました。
IMG_6333.jpg
木屋町通りの一ノ船入
この景色は私が高校に通っていたときと変わらず
いつみても絵になりますね〜
IMG_6331.JPG
母校はリッツカールトン京都の北側

その後、もう一つ打ち合わせがあったので
歩いて六角通り辺りまでテクテク。
着物でしたが最後は烏丸四条まで歩いても
暑くないし爽やかな気候で気持ちよかった〜🍀

posted by masaki at 19:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする