2019年06月24日

藤布と京都の木綿

「丹後の藤布と相楽木綿」
京都の北と南の織物を見てきました。
IMG_6776.jpg
御池の「しまだいギャラリー」で25日まで
IMG_6780.jpg
藤布は山に自生する藤づるの皮をはいで、
繊維を取り、煮て、洗って、紡いで、織る。
日本の染織の技術は繊細かつ地道な作業で
残すことは至難の業だとつくづく思いました。
IMG_6777.JPG
険しい山に生殖する硬い藤のつるを
採る作業も、繊維を裂く作業も織るのも
重労働でほんとうに根気のいる作業です。
IMG_6785.jpg
江戸時代の中期ころに木綿が普及するまで
庶民の衣料は麻や藤の繊維でした。
IMG_6787.jpg
明治、大正になっても藤布は織られていましたが
時代の流れとともに姿を消していきました。
IMG_6781.jpg
相楽木綿は明治から昭和10年代に京都の府南部で
織られていたようですが初めて知りました!
「相楽木綿の会」

「丹後藤織り保存会」の方が
講習会をひらき伝統技術を
継承されていることも知りました。

posted by masaki at 17:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする